水琴窟の庭 Garden with a Suikinkutsu

思い出の樹木を残したリフォームの庭
山口県防府市 2008年施工

家の建て替えにともない、庭もすべて取り除くこととなりました。以前は高木のイブキを含めて樹木中心のお庭でしたが、今回のリフォームで庭石を主体にした石庭に生まれ変わりました。ウメなど大切に残しておきたい樹木を厳選し、それぞれ素材の特徴を活かしたお庭です。

お庭は玄関を挟んで大きく二つに分かれています。一つは居間からゆっくり眺められる主庭で、手前側は水琴窟(すいきんくつ)というつくばいを造り、水のある情景を表現しています。また、玄関までのアプローチは歩きやすさを重視して御影石で仕上げました。玄関へのアプローチからもそれぞれのお庭を楽しんでいただけます。

水琴窟(すいきんくつ)は、つくばいにたまった水がしたたり、その水滴が地下の水瓶の中で反響し、琴のような音色を奏でてくれます。つくばいの底に小さな穴の開いた瓶(かめ)を逆さに伏せた状態で埋めています。水滴が瓶の空間で共鳴することで、やさしく心の底まで響く音を楽しむことができます。

Reformation of the yard which reused
important treesHofu-city, Yamaguchi-prefecture.
2000 construction

With rebuilding of a house, all yards were also remade.Including Juniperus chinensis of arboreal vegetation, although it had been a yard based on trees, it was reformed into the rock garden.The yard was made utilizeing the feature of the trees which had carefully selected.

The yard is divided into two section by the entrance of house.One is the main yard at which it can look from living room, and the other is expressing the sight with water with suikinkutsu ( Water Harp ; buried earthen jar that makes sound when water drips into it. Japanese traditional garden item).

Moreover, the approach to the entrance door was finished with granite for ease of walking.You can enjoy both gardens from the approach to the entrance door.