雄大なスケールの庭 Garden of majestic scale

山口県防府市 1974年施工

たたずむだけでエネルギーや活力を与えられている感じがする雄大なお庭です。年々場所になじんでいく樹木と自然石が、季節の訪れを感じさせ、お庭の価値を高めています。

シンボルツリーのコウヤマキは成長とともに風格がでてきました。植栽は、風土にあった樹木クロマツ、マキ、カシ、イブキ、コウロガネモチ、モミジなどが中心です。季節の変化を感じることができるサルスベリなどの花木も配しています。

十分な空間があるので、樹木が本来あるべき成長ができます。お庭は完成してからが本当のスタートになります。毎年の手入れの積み重ねで景観づくりを行うことで樹木、庭石等の一つ一つの素材が一層引き立つようになります。

お客様とともに理想の姿をかたちにしてまいります。

Hofu-city, Yamaguchi-prefecture. 1974 construction

This is the magnificent garden. The moment standing there, we can feel vitality and energy.

Giving feeling of season, natural stones and trees are getting fit each other nicely and enhance the value of garden every year.

Feeling of dignity and gravity came out along with the growth of symbol tree, Kouyamaki (umbrella pine). We also planted black pine trees , Maki ( podocarpus ) , oak , Ibuki (Juniperus chinensis) ,Kouroganemochi (Ilex rotunda) and momiji (Acer palmatum) that were in the climate here all.

It has also arranged flowering trees, such as crape myrtle, can feel the change of seasons.